十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

萩原建設と十勝農協連が職域接種スタート 新型コロナ

 帯広市内の萩原建設工業と十勝農協連は11日午前、新型コロナウイルスワクチンの職域接種をそれぞれ始めた。

 萩原建設は同社と協力企業の社員と家族ら約1040人が対象。1回目は今月下旬までの5日間に、2回目は10~11月に実施する。医師や看護師などは同社が建築し、昨年開業した市内のとかち消化器内視鏡クリニックが協力し、接種会場としても使った。当初は7月中旬の開始を目指していたが、ワク...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 接種に訪れた十勝農協連関係の職員たち(帯広厚生病院)

    接種に訪れた十勝農協連関係の職員たち(帯広厚生病院)

更新情報

八神純子さんのCDに「ハルニレ」 豊頃・浦島さん撮影

紙面イメージ

紙面イメージ

9.28(火)の紙面

ダウンロード一括(62MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME