十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

就労支援施設AMUAi、27日にアートイベント 発達障害のVR体験も

「施設という敷居の高さを低くしたい」と話す清野施設長(右)とスタッフの菅野孝司さん

 障害などで働くことが困難な人が通所する就労継続支援施設「AMUAi(アムアイ)」(帯広市東2南6、清野真知施設長)は27日午前11時から、親子を対象にした施設公開イベント「あーとDeあそぼう」を開く。清野施設長は「施設と聞くと敷居の高さを感じる人も多いが、気軽な関係づくりをしたい」と話している。

 アムアイは通所介護などを手掛ける「花」(帯広市)が2019年、従来の就労継続支援施設をリニューアルして開設。今年4月から清野施設長が独立し、「Laugh(ラフ)」が運営している。17人の通所者が革製品を作る「ファッション科」、絵画などを制作する「アーティスト科」、施設の給食を調理する「フードデザイン科」などに所属して活動する。

 27日は午後4時まで施設を開放し、羊毛フェルトのマスコットや鹿の革を使ったお手玉の制作体験、来場者が自由に落書きできる部屋を設ける。絵画や造形、映像作品を展示し、アートを意識した食事も提供する。清野施設長は「障害など疑問に思ったことを当事者に気軽に聞いてみてほしい」と呼び掛けている。

 また、午後3時~同4時半には近くのSalon斎藤亭(東2南4)で、発達障害のVR(仮想現実)体験会を開催。聴覚や視覚に過敏な人や、注意欠陥・多動性障害(ADHD)の人がどのように生活を送っているのか、VRゴーグルとヘッドホンで体験する。体験会の定員は先着順で30人。

 いずれも参加無料。問い合わせはアムアイ(0155・25・8181)へ。受付時間は平日午前8時半~午後5時半。(深津慶太)

更新情報

友好町への旅費を補助 岩手県洋野町と協定10周年企画 浦幌町

紙面イメージ

紙面イメージ

4.23(火)の紙面

ダウンロード一括(72MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME