十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

十勝で甘い「バニラ」を 栽培プロジェクト始動

試験栽培するバニラの生育状況を確認する中川社長(右)ら「十勝バニラプロジェクト」のメンバー

 【音更】甘い香りが特徴で菓子などの香料として使用される「バニラ」を十勝で栽培する「十勝バニラプロジェクト」が、動き始めた。13日にはマンゴーを生産・販売するノラワークスジャパン(帯広市、中川裕之社長)の音更町内にあるビニールハウスで、試験栽培中のバニラの生育状況を確認する勉強会が開かれた。

 勉強会には、中川社長、プロジェクトを立ち上げた佐々木直美さん(帯広市議)、中田食品(帯広市)の貴戸武利社長、バイオガスプラントに関わる友夢(ゆうむ)牧場(新得町)と鹿追町職員らが参加した。

 国内で流通するバニラは、ほぼ海外輸入品に頼っているのが現状。宮崎県や札幌市など一部で事業化の動きもあるが、国内で本格的に栽培する地域は珍しい。

 今回のプロジェクトは、バイオガスプラントの余剰熱など再生エネルギーを活用し、十勝でバニラを生産できないかという試み。将来的には障害者雇用の創出につなげるといった「農福連携」も視野に入れる。

 昨年5月ごろ、岡山県の園芸会社からバニラの苗を入手して、音更町内のハウスで試験栽培をスタートさせた。中川社長によると、従来の事業の主軸とするマンゴー栽培の空きスペースを活用。マンゴー栽培で高温多湿を保つ設備があり、これまでのノウハウを生かしてバニラを栽培している。

 中川社長は「宮崎県など先進地を参考にしながら育てていきたい。まだ事業化は見えないが、夢があり今後が楽しみ」と期待を寄せる。佐々木さんも「栽培する作物の種類が増えれば新たな雇用につながる。引き続き情報提供などで協力していきたい」と話している。(岡田優人)

<バニラ>
 熱帯地域を中心に高温多湿な環境で栽培される作物。収穫後に発酵・乾燥を繰り返す「キュアリング」と呼ばれる工程を経て、独特の甘い香りがする「バニラビーンズ」となる。さらに抽出加工することでバニラ香料となる。栽培開始から収穫まで3~5年が必要で加工作業も多いが、需要が高く市場では高値で取引されている

関連写真

  • 「十勝バニラプロジェクト」始動 音更で勉強会 2

    「十勝バニラプロジェクト」始動 音更で勉強会 2

  • 試験栽培するバニラの生育状況を確認する中川社長(右)ら「十勝バニラプロジェクト」のメンバー

    試験栽培するバニラの生育状況を確認する中川社長(右)ら「十勝バニラプロジェクト」のメンバー

  • 「十勝バニラプロジェクト」始動 音更で勉強会 4

    「十勝バニラプロジェクト」始動 音更で勉強会 4

更新情報

真っ赤なリンゴたわわに、松下リンゴ果樹園で収穫盛ん 芽室

紙面イメージ

紙面イメージ

9.25(土)の紙面

ダウンロード一括(105MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME