十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

JA帯広大正 大正長いも 20年産の輸出過去最高へ

 JA帯広大正(森和裕組合長)が生産する「大正長いも」の2020年産輸出量について、過去最高となる見通しだ。健康ブームに乗り、主力先の台湾やシンガポールの取扱量が拡大していることに加え、取引価格が安定してきたことが要因。同JAは「長年の実績から品質が認められ、需要増につながっている」(生産販売部)としている。

 大正長いもは、1998年産から、台湾からの需要に応じる形で輸出をスタ...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • JA帯広大正、大正長いも、2020年産の輸出量が過去最高の見通し 2

    JA帯広大正、大正長いも、2020年産の輸出量が過去最高の見通し 2

  • 2020年産の輸出量が過去最高となる見通しの「大正長いも」(提供写真)

    2020年産の輸出量が過去最高となる見通しの「大正長いも」(提供写真)

更新情報

ゆり根の揚げかまぼこ開発 幕別・大坂農場 道の駅などで販売

紙面イメージ

紙面イメージ

9.27(月)の紙面

ダウンロード一括(97MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME