十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

GW終盤 エコパにぎわい、キャンプは管外客多く

青空の下、フワフワドームを満喫する子どもたち(4日正午ごろ、十勝エコロジーパークで。小山田竜士撮影)

 【音更】ゴールデンウイーク(GW)終盤の4日、道立十勝エコロジーパーク(音更町十勝川温泉南18)では青空の下、子どもたちが大人気のフワフワドームを満喫。体を目いっぱい動かしてストレスを発散するなど、コロナ禍で迎える2度目のGWを楽しんでいた。

 「こどもの日」を前に同パークにはこの日も午前9時のオープンに合わせ、管内外から家族連れが続々と来場。子どもたちは最高点3・7メートルの大小のドームに乗り、思い思いに跳びはねていた。家族4人で訪れた恵庭市の会社役員荒谷健さん(44)は「2年ぶりに来たが、子どもたちも久しぶりの外出で喜んでいる」と笑顔を見せた。

 十勝エコロジーパーク財団によると、今年のGWの来場者数は、10連休となったコロナ流行前の2019年GW比で6~7割程度という。(松岡秀宜)

更新情報

酪農アーティスト下山さん30日に版画教室 アトリエ実現へ一歩 大樹

紙面イメージ

紙面イメージ

5.16(日)の紙面

ダウンロード一括(55MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年5月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME