十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

慶愛病院の真井元院長死去 活動を共にした関係者から悼む声

 帯広市の慶愛病院院長などを務めた産婦人科医で21日に死去した真井康博さんは、地域医療の充実や性教育を通した青少年育成などに幅広く活動した。関係者からは、突然の訃報に悼む声が聞かれた。

 真井さんは昭和大医学部を卒業し、勤務医を経て1986年、父が開業した慶愛病院の副院長に就任。その後、院長となり、亡くなるまでは慶愛女性クリニック院長を務めていた。兄の徳幸氏らと医療法人の充実、拡...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

帯広徳洲会病院に「発熱外来」 8日から運用

紙面イメージ

紙面イメージ

3.7(日)の紙面

ダウンロード一括(61MB) 新WEBビューア新機能・操作性UP Flashビューア※3/31で終了

日別記事一覧

前の月 2021年3月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME