十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

忠類のごみ、22年度からくりりんセンター処理に 幕別町が方針

 【幕別】町は忠類地域の全てのごみについて2022年度から、十勝圏複合事務組合の共同処理に移行する方針を固めた。忠類地域は大樹、広尾と共に南十勝複合事務組合の共同処理に組み込まれているが、焼却施設の老朽化に伴い、エリア内の可燃ごみは建て替え後の新くりりんセンター(帯広市、27年度稼働予定)に移すことが決定している。幕別町は、ごみ処理を集約することで大幅なコスト削減が図れると判断、忠類地域の移行...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

初代「アユミちゃん」が復活 足寄町のシンボルキャラ

紙面イメージ

紙面イメージ

4.20(火)の紙面

ダウンロード一括(79MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME