十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

後継機年内打ち上げに意欲 今回高度は20キロかIST会見

 【大樹】観測ロケット「MOMO(モモ)」を打ち上げたインターステラテクノロジズ(IST)の記者会見が30日午後7時半から町経済センターで開かれ、IST創業者の堀江貴文氏は、MOMOの後継機を年内にも打ち上げたいとの意向を示した。

 今後の計画について堀江氏は、後継機となるロケット「MOMO2」「MOMO3」の開発を進め、打ち上げ実験する意欲を見せ、「おそらく年内には打ち上がると...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連動画

  • 後継機年内打ち上げに意欲 今回高度は20キロかIST会見

関連写真

  • ロケットの模型を手に記念撮影に応じる(右から)稲川貴大社長、堀江貴文氏、芹沢さん、酒森町長(30日午後8時20分ごろ、新井拓海撮影)

    ロケットの模型を手に記念撮影に応じる(右から)稲川貴大社長、堀江貴文氏、芹沢さん、酒森町長(30日午後8時20分ごろ、新井拓海撮影)

  • ロケットの模型を手に記念撮影に応じる(右から)稲川貴大社長、堀江貴文氏、芹沢さん、酒森町長(30日午後8時20分ごろ、新井拓海撮影)

    ロケットの模型を手に記念撮影に応じる(右から)稲川貴大社長、堀江貴文氏、芹沢さん、酒森町長(30日午後8時20分ごろ、新井拓海撮影)

  • ロケット打ち上げ後、記者会見に臨む(右から)稲川貴大社長、堀江貴文氏(30日午後7時50分ごろ、新井拓海撮影)

    ロケット打ち上げ後、記者会見に臨む(右から)稲川貴大社長、堀江貴文氏(30日午後7時50分ごろ、新井拓海撮影)

  • ロケット打ち上げ後、記者会見に臨む(右から)稲川貴大社長、堀江貴文氏、発射ボタンを押した芹沢さん、酒森大樹町長(30日午後7時40分ごろ、新井拓海撮影)

    ロケット打ち上げ後、記者会見に臨む(右から)稲川貴大社長、堀江貴文氏、発射ボタンを押した芹沢さん、酒森大樹町長(30日午後7時40分ごろ、新井拓海撮影)

更新情報

本別署が交通安全啓発CD作製 フクハラ店舗で放送

紙面イメージ

紙面イメージ

9.24(金)の紙面

ダウンロード一括(110MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME