十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

打ち上げへ縦向き試験 インターステラ エンジン燃焼に成功

 【大樹】「インターステラテクノロジズ」(本社大樹町、稲川貴大社長)は6日、町浜大樹の実験場で、ロケットエンジンを打ち上げ時と同じ、縦向きに置いて燃焼させる試験を行った。

 同社は年内の宇宙空間へのロケット打ち上げを目指しており、これまでは横向きで燃焼させる試験を繰り返し、性能向上を図ってきた。エンジンの設計が固まり、開発も最終段階に入っていることから、打ち上げと同じ状態の縦向き...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 打ち上げ見据え縦向き燃焼 インターステラエンジン試験 2

    打ち上げ見据え縦向き燃焼 インターステラエンジン試験 2

更新情報

大道塾帯広支部14部門制す、空道秋季北海道地区大会

紙面イメージ

紙面イメージ

9.27(火)の紙面

ダウンロード一括(86MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME