十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

成層圏の大気採集に成功 JAXA大気球実験

放球される大気球(6日午前4時10分ごろ)

 【大樹】宇宙航空研究開発機構(JAXA)は6日、町多目的航空公園内の大樹航空宇宙実験場で、大気球を使った今年度最初の実験を行った。1基を放球し、成層圏の大気を高度別に採集した。

 2010年以来、大樹では2度目の実験。大気中の温室効果ガスの量や大気の循環の様子を調べ、気象変動のメカニズム解明につなげるのが狙い。気球に載せたマイナス269度の液体ヘリウムで高度25~35キロの大気を固化して11本のボトルに採集。高度別に二酸化炭素やメタン、窒素、酸素の濃度などを調べる。

 午前4時10分すぎに体積10万立方メートル、直径63・4メートルの大気球を放球した。3時間後に目標高度の34・8キロに到達し、サンプルを採集した。装置は同8時20分すぎに同実験場の南東30キロの太平洋に着水した。

 今後国内の大学など7機関にサンプルを持ち帰り、分析する。JAXA大気球実験グループの吉田哲也グループ長は「無事気球が上がって良かった。実験の成果も期待できる」と話した。(伊藤亮太)

関連写真

  • 放球される大気球(6日午前4時10分ごろ)

    放球される大気球(6日午前4時10分ごろ)

  • 放球位置に運ばれる大気球(6日午前3時55分ごろ)

    放球位置に運ばれる大気球(6日午前3時55分ごろ)

更新情報

上士幌紹介の本、韓国語に翻訳され出版

紙面イメージ

紙面イメージ

9.23(木)の紙面

ダウンロード一括(118MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME