十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

十勝の精鋭牛 期待背に出発 全共へ19頭

鹿児島和牛全共に向けて出品者と牛が披露された出発式(28日午後0時半)

 【音更】鹿児島県で6~10日に開かれる全国和牛能力共進会(全共)に向け、十勝管内から出品する牛の出発式が28日正午から、町内のアグリアリーナで開かれた。

 全共は5年に1度の大会で「和牛のオリンピック」と呼ばれ、今回は全国41道府県から約450頭が集まる。道代表牛22頭のうち管内勢は過去最多の19頭。同日は種牛の13頭と特別区の1頭が、10月1日は肉牛の5頭が十勝を出発する。

 アグリアリーナに出品牛を集めた後、1頭ずつトラックに乗せた。フェリーと陸路で4日間かけて鹿児島に向かう。

 出発式には出品者やJA、行政関係者ら約150人が出席。主催者や来賓あいさつに続き、出品者を代表して第6区の武隈英和さん(48)=豊頃町=が「鹿児島の地で北海道の牛が勝てるよう頑張りたい。その成果が次の北海道全共につながる。皆さんには大きな応援をお願いしたい」とあいさつした。(安田義教)

更新情報

JR芽室駅前のサンタランドツリーが点灯 芽室

紙面イメージ

紙面イメージ

12.5(月)の紙面

ダウンロード一括(118MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME