十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

飼料高騰 畜産悲鳴 ウクライナ侵攻 穀物不安

800万円増の牧場も 長期化、救済措置に限度
 コロナ禍やウクライナ情勢を背景に、農業生産に必要な資材や燃料価格が高騰し、管内の生産現場を直撃している。特に肉牛や酪農では、穀物を原材料にする配合飼料が値上がりし、経営環境は厳しさを増す。国の救済措置はあるものの高騰は当面続くとみられ、業界団体では関係機関に対策を要望している。

 「今の国際情勢を考えると飼料価格は下がる見通し...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

健康ポイント事業の手続き サツドラでも受け付け 中札内

紙面イメージ

紙面イメージ

8.17(水)の紙面

ダウンロード一括(76MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年8月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME