十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

十勝の跡めぐり(2)「帯広 養鯉橋」

かつては人集う料亭
藤森彌吾吉が養鯉場経営 関寛斎の牧場開設にも協力
 帯広競馬場の東、ウツベツ川に長さが30メートルほどの「養鯉(ようり)橋」と言う小さな橋が架かっている。白樺通から東に向かって西南大通に抜ける時に通る人も多いと思う。橋名が示す通り、橋の北側のウツベツ川沿いでは、大正から昭和中ごろまで大きな池がありコイを養殖していた。今は住宅街が広がり名残はないが、かつては池のほ...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

移住の助産師が助産院を開院 上士幌

紙面イメージ

紙面イメージ

10.24(日)の紙面

ダウンロード一括(62MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年10月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME