十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

大樹から宇宙へ 再挑戦 インターステラ2号機 今春にも

 【大樹】インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は、2018年春にも観測ロケットMOMO2号機を打ち上げ、念願の宇宙空間を目指す。昨年の1号機で機体破損の一因となった横回転を抑える姿勢制御装置の開発が、町浜大樹の実験場で進んでいる。(眞尾敦)

 雪が積もり、寒風吹きすさぶ海岸沿いの実験場に、20~30代の若いIST社員の活気のある声が飛び交う。宇宙には届かなかった昨年...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連動画

  • 大樹から宇宙へ 再挑戦 インターステラ2号機 今春にも

更新情報

足寄団体戦男女制す、個人戦男子は森岡(帯工)、女子は大塚(帯南商)頂点 高校弓道選抜大会十勝支部大会

紙面イメージ

紙面イメージ

9.25(日)の紙面

ダウンロード一括(75MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME