十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

防災意識持ち続けて 千島海溝「超巨大地震」 地震調査委の谷岡北大教授

 今後30年間の発生確率が「7~40%」と公表された千島海溝沿い(十勝沖~北方領土沖)の「超巨大地震」。地震の規模を表すマグニチュード(M)は8・8以上、最大確率は40%という数字の持つ意味をどう捉え、地域の防災に役立てればいいのか。今回の海溝型地震の長期評価(第3版)を出した政府の地震調査委員会委員でもある、北海道大学の谷岡勇市郎教授(地震火山研究観測センター長)に聞いた。 (聞き手・小林祐...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

佐々木・秋本組同校対決制す、女子は瀬戸・柴田組連覇 帯広市中体連春季ソフトテニス

紙面イメージ

紙面イメージ

5.24(火)の紙面

ダウンロード一括(67MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME