十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

「やるなら今じゃがみくじ」を頒布 浦幌神社

浦幌神社が頒布している「やるなら今じゃがみくじ」

 【浦幌】浦幌神社(背古宗敬宮司)は1日から、十勝のジャガイモをモチーフにしたおみくじ「やるなら今(いも)じゃがみくじ」を頒布している。

 じゃがみくじは、畑をイメージした箱の中に入っている張り子のジャガイモを、小さなスコップで掘り出すように引く。ジャガイモの中は「えぞみくじ」と呼ばれるおみくじ入りで、訓(おしえ)が北海道弁で書かれている。

 道内の神社有志で始まった「北海道ご当地みくじシリーズ」の一つとされ、十勝では帯廣神社の「魔鮭福鱒(まさけふくます)」に次ぐ2例目、道内12例目。

 4月29日には、子どもたちを招いたおみくじ引き体験が行われ、地元農家の元木一彦さんからジャガイモの話を聞いたりした。背古宮司は「地元のジャガイモを食べてコロナを乗り越え、明るく元気な十勝に戻ってほしい」と話している。

 初穂料は400円。5日まではJAうらほろの「雪室ばれいしょ(5キロ)」10箱、東部十勝農産加工農業協同組合連合会の「でんぷん(5キロ)」2袋が当たるおみくじも入っている。(円子紳一通信員)

更新情報

児童がISTのロケット応援メッセージ エフリードの看板に 大樹

紙面イメージ

紙面イメージ

6.18(金)の紙面

ダウンロード一括(71MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME