十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

音楽フェス実現へ試験演奏で音量調査 学生団体「トカチューン」

騒音計を使い、楽器の音量を測るトカチューンのメンバー(平栗玲香通信員撮影)

 帯広市緑ケ丘公園での野外音楽フェス開催に向けて活動する学生団体「とかち高校軽音楽振興会・トカチューン」(石川裕大代表)は12日、同公園グリーンステージで、高校生バンドによる試験演奏を行った。騒音計を使って近隣住民の迷惑にならない音量を探るため実施。約150人の観客も訪れ、実際のフェスをイメージしながら楽しんでいた。

 この日、騒音計を使って音量を測定する担当者を、グリーンステージ前と、ステージから半径約350メートル範囲内の住宅街付近4カ所に、それぞれ2人ずつ配置。試験演奏前に住宅街付近で測った生活音の音量が40デシベルほどだったため、演奏中は住宅街付近で聞こえる楽器の音量を40~45デシベルに抑えるよう調整した。

 「Lunettes」(帯広柏葉高)と「ChouChou」(幕別清陵高)のバンド2組がポップスやオリジナル曲など計4曲を演奏。親子で訪れた市内の柴田龍二さん(54)と上(じょう)さん(15)は「近隣住民への配慮も大変だろうが、うまく調整してフェス開催に向け頑張ってほしい」と応援していた。

 グリーンステージを管理する帯広市生涯学習部文化課の職員5人も試験演奏を見守った。フェス開催の見通しについて、同課の天池文彦課長は「近隣住民が今回の試験演奏をどれくらいうるさいと感じたかによる。トカチューンの方々とまた話し合っていきたい」と述べた。

 試験演奏は1時間で終了。石川代表(17)=帯広柏葉高3年=は「ステージ正面となる西側の住宅街では一時、測定された音量が65デシベルになった。対策を練っていく」としつつ、「8月中旬にフェスが開けるよう力を尽くす」と話した。

 トカチューンは、今回の音量の感じ方などを尋ねるアンケートを緑ケ丘公園の近隣4490戸を対象に実施し、19日までに集計する。後日、市に提出し、フェス開催の可否を話し合う。(山田夏航)

音楽フェス実現へ試験演奏で音量調査 学生団体「トカチューン」

関連動画

  • 音楽フェス実現へ試験演奏で音量調査 学生団体「トカチューン」

関連写真

  • 試験演奏を楽しそうに聞く観客たち(平栗玲香通信員撮影)

    試験演奏を楽しそうに聞く観客たち(平栗玲香通信員撮影)

  • 騒音計を使い、楽器の音量を測るトカチューンのメンバー(平栗玲香通信員撮影)

    騒音計を使い、楽器の音量を測るトカチューンのメンバー(平栗玲香通信員撮影)

  • 試験演奏を楽しそうに聞く観客たち(平栗玲香通信員撮影)

    試験演奏を楽しそうに聞く観客たち(平栗玲香通信員撮影)

  • 띪試験演奏を楽しそうに聞く観客たち(平栗玲香通信員撮影)

    띪試験演奏を楽しそうに聞く観客たち(平栗玲香通信員撮影)

  • 試験演奏について感想を話す石川代表(平栗玲香通信員撮影)

    試験演奏について感想を話す石川代表(平栗玲香通信員撮影)

  • 試験演奏をする「Lunettes」(平栗玲香通信員撮影)

    試験演奏をする「Lunettes」(平栗玲香通信員撮影)

  • 試験演奏をする「ChouChou」(平栗玲香通信員撮影)

    試験演奏をする「ChouChou」(平栗玲香通信員撮影)

更新情報

秋まき小麦やや早く生育 6月前半作況 十勝総合振興局

紙面イメージ

紙面イメージ

6.17(月)の紙面

ダウンロード一括(105MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME