十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

新総体オープン よつ葉アリーナ十勝 新型肺炎 静かな初日

帯広市の新総合体育館が29日にオープン。外出の自粛要請もあり、閑散とする館内(29日午前9時20分ごろ、新井拓海撮影)

 帯広市の新総合体育館「よつ葉アリーナ十勝」が29日、オープンした。十勝最大規模のスポーツ施設として競技会など各種イベントや地域コミュニティーの拠点となる。

 予定されていたオープニングセレモニーと記念試合のバレーボール男子Vリーグは、新型コロナウイルスの影響で中止。鈴木直道知事が28日夕に「緊急事態宣言」を発表し、週末の外出を控えるよう求めたことも重なり、利用者はまばらで、静かな幕開けとなった。

 集団感染を防止するため小中学校が臨時休校中のため、児童・生徒の利用を断るなど一部制限付きで開館している。午前9時の利用開始と同時に訪れ、第1号の利用者となった市内の80代女性は「アリーナが広々していて期待以上の体育館。マラソンをしているので2階のランニングコースが便利」と話す一方、「オープンを楽しみにしていたが知事の発表もあり、正直来るか迷った」と複雑な気持ちを明かした。

 施設の管理・運営を統括する市総体マネジャーの西尾仁さんは「3月の予約はほぼキャンセルとなった。運営側としても、事態が好転するまでは大手を振って呼べない状況」と表情を曇らせた。(岡田優人)

更新情報

サクラの幹に花付ける“ど根性ヒマワリ” 音更で話題に

紙面イメージ

紙面イメージ

9.20(月)の紙面

ダウンロード一括(110MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME