十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

十勝農試で金時の新品種「秋晴れ」

 道総研十勝農業試験場(芽室)が開発した金時の新品種「秋晴れ」が、生産者や加工業者の注目を集めている。現在の主力品種「大正金時」と比べて多収で倒伏しづらいのが特徴で、加工に適するとの評価も受ける。管内の畑で試験栽培や種子の増殖が行われていて、2年後には一般農家でも栽培できる見通しだ。

 金時はインゲンマメの一種で、煮豆や甘納豆などに使われる。中でも「大正金時」は粒の色や形、食味に優...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 新品種「秋晴れ」を試験栽培している十勝農業試験場内の畑

    新品種「秋晴れ」を試験栽培している十勝農業試験場内の畑

  • 新品種「秋晴れ」(左)と「大正金時」

    新品種「秋晴れ」(左)と「大正金時」

更新情報

帯農、白樺学園全道頂点へ闘志 秋季道高校野球大会あす開会式

紙面イメージ

紙面イメージ

9.27(火)の紙面

ダウンロード一括(86MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME