十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

サケの採卵授精作業スタート 広尾

 【広尾】十勝釧路管内さけ・ます増殖事業協会(会長・亀田元教広尾漁協組合長)の広尾ふ化場(広尾町茂寄)で14日、親サケから採取した卵の授精作業が始まった。

 同協会は今年度の人工ふ化放流事業で、十勝沿岸を含むえりも以東・西部地区では1億1650万匹の稚魚の放流を計画。十勝では8月下旬から採卵用親魚の捕獲が行われている。

 広尾ふ化場では14日午前7時半から作業を開始し、...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連動画

  • サケの採卵授精作業スタート 広尾

関連写真

  • サケの卵に精子をかける職員(14日午前8時20分ごろ、広尾ふ化場)

    サケの卵に精子をかける職員(14日午前8時20分ごろ、広尾ふ化場)

  • サケの卵に精子をかける職員(14日午前8時20分ごろ、広尾ふ化場)

    サケの卵に精子をかける職員(14日午前8時20分ごろ、広尾ふ化場)

  • サケの採卵授精作業スタート 広尾 4

    サケの採卵授精作業スタート 広尾 4

更新情報

戦争で散った人の思いをー 十勝三菱の鈴木さん脚本映画がグランプリ 函館港映画祭

紙面イメージ

紙面イメージ

11.29(火)の紙面

ダウンロード一括(81MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME