十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ぶらり探訪「音更 旧日本陸軍の『五芒星』刻印された消火栓」

戦争の記憶 消えぬ「五芒星」
 旧日本陸軍が使用していたと思われる、「五芒星(ごぼうせい)」が刻印された古い消火栓が音更町中鈴蘭で見つかり、関係者の間で話題になっている。

散歩で偶然発見
 第一発見者は、音更郷土史研究会の照井正昭会長(79)=音更町内在住=で、雪解けが進む3月、付近を散歩中に偶然見つけた。旧国立十勝療養所跡地の一角にポツンとある。夏季は雑草が生い茂り...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 「五芒星」が刻印された古い消火栓を紹介する第一発見者の音更郷土史研の照井会長

    「五芒星」が刻印された古い消火栓を紹介する第一発見者の音更郷土史研の照井会長

  • 旧日本陸軍の使用していた消火栓であることを裏付ける「五芒星」の刻印

    旧日本陸軍の使用していた消火栓であることを裏付ける「五芒星」の刻印

更新情報

看護学生が患者の異変を察知 月刊誌「クリニカルスタディ」に帯広登場

紙面イメージ

紙面イメージ

12.6(火)の紙面

ダウンロード一括(86MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME