十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

とかち骨董品屋さん巡り(4)「タイムトンネル」

 帯広市と幕別町をつなぐ札内橋をわたり、札内の入口を過ぎると、昭和30年以降のお宝が並ぶ1軒の店が見えてくる。その名も「タイムトンネル」。店主の廣川克美さん(71)が「家族の不興」を買いながらも自宅の趣味部屋に保管してきた品々が並ぶ。そこは、ノスタルジーを誘うだけにとどまらず、時代に逆らおうとする廣川さんの強い意志が見て取れる。

 「当時の日本は今と比べてほとんどの家が貧しかった...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 「タイムトンネル」の外観

    「タイムトンネル」の外観

  • 昔なつかしのキャラクターの人形などが店内に並んでいる

    昔なつかしのキャラクターの人形などが店内に並んでいる

  • 昔なつかしのキャラクターの人形などが店内に並んでいる

    昔なつかしのキャラクターの人形などが店内に並んでいる

  • 昔なつかしのキャラクターの人形などが店内に並んでいる

    昔なつかしのキャラクターの人形などが店内に並んでいる

  • 「少しずつゆるっと集めるうちにこんな量になったんだよね」と語る廣川さん

    「少しずつゆるっと集めるうちにこんな量になったんだよね」と語る廣川さん

更新情報

士幌町社協 気楽に楽しめる3品をレク用品に追加

紙面イメージ

紙面イメージ

6.25(土)の紙面

ダウンロード一括(50MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME