十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

浸水深の看板33カ所に 幕別 北開水工コンサルタント

 【幕別】河川事業の支援を手掛ける「北開水工コンサルタント」(音更町、森田康志社長)は、幕別町内の公共施設33カ所で河川氾濫した際に想定される浸水深の看板「まるごとまちごとハザードマップ」の設置を進めている。同社の社会貢献の一環で、住民の防災意識向上が狙い。

 看板は縦50センチ、横33センチ。川が氾濫した場合、どの高さまで浸水する恐れがあるかを示す。国土交通省が水害の恐れのある...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

更新情報

日高山脈国立公園化PR アイスキャンドル会場の模様 中札内

紙面イメージ

紙面イメージ

1.23(日)の紙面

ダウンロード一括(56MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME