十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

パリ五輪への方向性は未定、ナガマツペア 札幌で報告会見

 【札幌】東京五輪のバドミントン女子ダブルス8強で、芽室町出身の永原和可那(25)=秋田・北都銀行=が1日、札幌市出身の松本麻佑(26)=同=と同市内で五輪報告会見を行った。2人は11月下旬から始まる世界選手権(スペイン)で3連覇を目指すとしたが、2024年パリ五輪への言及はなかった。

 今後の目標について永原は「2人としては、東京オリンピックを目標にここまで頑張ってきた。取りあ...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 24分間の会見で、永原(左)・松本ペアのパリ五輪への言及はなかった

    24分間の会見で、永原(左)・松本ペアのパリ五輪への言及はなかった

  • 東京五輪の報告会見を行った(左から)永原・松本ペア

    東京五輪の報告会見を行った(左から)永原・松本ペア

更新情報

道の駅来場者50万人突破 音更

紙面イメージ

紙面イメージ

7.1(金)の紙面

ダウンロード一括(95MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME