十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

嚥下障害でも食べやすい料理を パーキンソン病の男性の誕生日祝い、歯科医、管理栄養士が協力

 食べ物を飲み込むのが難しい「嚥下(えんげ)障害」でも、食べたい気持ちを尊重したい-。今月、誕生日を迎えたパーキンソン病の男性に好きな食事を楽しんでもらおうと、医療法人社団秀和会(帯広、栂安秀樹理事長)の歯科医や管理栄養士らが協力。男性が飲み込みやすいよう工夫したコース料理を、同会運営のカフェで振る舞った。
(深津慶太)

 秀和会はつがやす歯科医院を運営。昨年8月、院外での...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 嚥下障害でも食べやすい料理を パーキンソン病の男性の誕生日祝い、歯科医、管理栄養士が協力 2

    嚥下障害でも食べやすい料理を パーキンソン病の男性の誕生日祝い、歯科医、管理栄養士が協力 2

更新情報

地域おこし協力隊2人が着任 士幌

紙面イメージ

紙面イメージ

4.10(土)の紙面

ダウンロード一括(81MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年4月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME