十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

「大震災前の東北に似ている」 地震学者が千島海溝巨大地震に警鐘 札幌で研究会

 【札幌】今後30年以内の発生確率が最大40%と切迫する十勝沖を含む千島海溝沿いの超巨大地震の現状をテーマにした研究会が21日、札幌市内で開かれた。東京大学地震研究所の佐藤比呂志教授が道東沿岸の地盤の沈降状況などから「今の北海道は3・11前の東北に似ている」と指摘し、巨大地震発生への警戒と観測態勢の充実を訴えた。

 文科省の委託事業「日本海・津波調査プロジェクト」の地域研究会で、...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 「大震災前の東北に似ている」 地震学者が千島海溝巨大地震に警鐘 札幌で研究会 2

    「大震災前の東北に似ている」 地震学者が千島海溝巨大地震に警鐘 札幌で研究会 2

  • 高橋教授

    高橋教授

更新情報

鹿追リトルバンビ混合初V 女子は下音更ウィンぐる、男子は帯広JJB制す 高橋杯小学生バレーBクラス大会

紙面イメージ

紙面イメージ

1.16(日)の紙面

ダウンロード一括(55MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME