十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

包括連携協定~札医大の研究室から(52)「医学部病理学第一講座 金関貴幸講師」

リンパ球ががん細胞を見分ける目印を発見
 札幌医科大学医学部病理学第一講座(鳥越俊彦教授)は9月28日、大腸がんの解析研究において免疫細胞ががん細胞を攻撃するための新たな目印(抗原)を発見したと発表した。今後のがん治療を大きく変える可能性が期待でき、世界の注目を集めている。研究を行った金関貴幸講師に話を聞いた。(聞き手・安藤有紀)

 -研究の概要は。
 免疫にもいろい...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連動画

  • 包括連携協定~札医大の研究室から(52)「医学部病理学第一講座 金関貴幸講師」

更新情報

国体IH代表の清水高・小野田さんが町長らに抱負 清水

紙面イメージ

紙面イメージ

1.24(月)の紙面

ダウンロード一括(109MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME