十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

奥村JAXA理事長が初来町 大樹

「SORA」を視察する奥村理事長(右)。左は伏見町長

 【大樹】宇宙航空研究開発機構(JAXA)の奥村直樹理事長が5日、来町し、町多目的航空公園内の大樹航空宇宙実験場や町宇宙交流センター「SORA(そら)」などを視察した。奥村理事長が大樹に足を運んだのは初めて。

 JAXAの取り組みに協力している大樹との連携を深めるために来町。同センターでは伏見悦夫町長らと共に小型ロケット、大気球の模型、小型衛星など「宇宙のまち・大樹」ならではの展示物を見て回り、説明を受けた。

 奥村理事長は視察後、十勝毎日新聞の取材に「地元の皆さんに支援していただいていること、(大樹が)航空宇宙の発展に関し大事な役割を担っていることを実感した」と述べた。

 昨年4月に就任した奥村理事長は東大大学院(博士課程)修了。元新日本製鐵副社長、元総合科学技術会議議員。任期は2017年度末まで。

 JAXAは同実験場で08年から、大気球の実験を実施。宇宙の謎や環境問題を探る科学観測、次世代の輸送・探査技術に生かすための工学実験に活用されている。今年度は1機を放球(打ち上げ)した。
(関根弘貴)

関連写真

  • 奥村JAXA理事長が初来町 大樹  2

    奥村JAXA理事長が初来町 大樹 2

更新情報

上士幌紹介の本、韓国語に翻訳され出版

紙面イメージ

紙面イメージ

9.23(木)の紙面

ダウンロード一括(118MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2021年9月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME