十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

美珍樓「本店」、50年余りの歴史に幕 コロナ禍と建物老朽化で1月閉店

 中華料理の老舗・美珍樓(鈴木一正代表、帯広市)は先月末、市内西1南8の本店を閉店した。建物の老朽化に加えコロナ禍で市内中心部の客足が落ち込み、50年以上の歴史に幕を閉じた。残る2店は営業を続けるが、鈴木代表は「本店は創業した場でもあり何としても続けたかっただけに寂しい」と話している。

 本店は1967年、鈴木代表の父親の故眞さんが、美珍樓の前身・東天紅(とうてんこう)を西1南8で...


●この記事は会員限定です。勝毎電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今すぐ申し込むログインして続きを読む

関連写真

  • 閉店した本店と鈴木代表。「建物にもご苦労様でした、ありがとうございましたと伝えたい」と話す

    閉店した本店と鈴木代表。「建物にもご苦労様でした、ありがとうございましたと伝えたい」と話す

更新情報

帯広徳洲会病院に「発熱外来」 8日から運用

紙面イメージ

紙面イメージ

3.7(日)の紙面

ダウンロード一括(61MB) 新WEBビューア新機能・操作性UP Flashビューア※3/31で終了

日別記事一覧

前の月 2021年3月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME