十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ウォール・ストリート・ジャーナル

FTX崩壊で散った創業者の夢:慈善で世界を救え

複数枚画像

ゲーム会社10年ぶりに減収か、精彩欠く年末商戦

【社説】中国「ゼロコロナ」政策の報い

映画「アバター」最新作、中国で同時公開へ

AIが書いたコンテンツ、見分けるのはもはや至難

米アマゾンの顧客満足度が低下、原因は

LGBT向け高齢者住宅、米国に登場

複数枚画像

FTX破綻、従業員はショックで嘔吐 財産失う恐れも

宇宙ごみ除去ビジネス、難関は位置の把握

複数枚画像

営業にもミレニアル世代の影響 売り込みに変化

複数枚画像

ツイッター社員の決断は? 大量流出の波発生か

米IT大手トップから相次ぐ謝罪の言葉

スーパースター社員、生かすも殺すも上司次第

米IT大手の解雇 「永久に加速」の神話崩れる

共和の新星フロリダ知事、対抗心燃やすトランプ氏

スマートフォン禁止した高校、生徒は意外に平気

複数枚画像

ロシア撤退で協力者に冷たい視線 ウ軍奪還地

複数枚画像

【寄稿】赤い波来ず、海にさまようトランプ氏

メタ大量解雇、遅きに失したザッカーバーグ氏

マスク氏のツイッター再生、失敗しそうな訳

新型コロナとインフルとRSV、「トリプルデミック」到来か

ガソリンスタンド新設禁止、加州ワイン産地で拡大

複数枚画像

米ティーンに人気、褒め合うアプリ「Gas」

複数枚画像

【社説】太平洋地域から姿消すF15戦闘機

韓国雑踏事故、悲痛な映像の拡散にも傷心

中国発アパレルSHEIN、売上高でZARAとH&Mに迫る

企業を成功に導く「引き算」の法則

複数枚画像

中国で「ゼロコロナ」の混乱続く、感染再び拡大

【社説】ハーバード大の人種差別は永遠に?

習氏の権力拡大 「厳しい」時代に身構える台湾

もっと見る

勝毎電子版をご購読されている方は無料でウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)電子版を全て読むことができます!

登録方法はこちら

WSJ日本版 アクセスランキング

1

襲われる中国人労働者 「一帯一路」のリスク

 アジアやアフリカで中国人労働者を狙った攻撃が増えている。投資を通じて影響力の拡大を狙う中国にとって、問題が深刻化している。

2

FTX崩壊がバハマ直撃 仮想通貨企業誘致のツケ

 FTXの仕事で生活していた地元のケータリング業者や運転手、清掃業者は今、厳しい状況に直面している。

3

「マスク流すぎて」つぶせないツイッター

 ツイッターが崩壊するといううわさは、よくても時期尚早というところだろう。

4

440億円稼いだスニーカー王、その転落

 希少な限定品スニーカーの転売で築いたぜいたくなライフスタイルは、達成不可能な受注を抱えて崩壊した。

5

ロシアのネット大手に鉄のカーテン

 ヤンデックスが行おうとしている再編計画は「より自由な時代とのつらい別れ」というだけでも注目に値する。

6

ぶれるプーチン氏、戦争目的と「レッドライン」

 プーチン氏は自分の手に負えなくなっているこの戦争で、行き当たりばったりに対処することを余儀なくされているとの見方が強まっている。

7

中国抗議デモで窮地の習氏、政策の選択肢なし

 中国各地で広がる抗議デモ。ゼロコロナ解除もさらなる弾圧も指導部には望ましくない選択肢で、習近平氏は窮地に追い込まれている。

8

マスク氏がアップル批判「ツイッター削除の脅し」

 米実業家のイーロン・マスク氏は28日、米アップルが「アップストア」からツイッターアプリを削除すると脅しているとし、検閲に相当すると批判した。

9

「9」で終わる価格、実は割高なワケ

 商品の価格に「9」を使うトリックは当たり前すぎて、それがどういうことかを考えることもない。だがおそらく、私たちは気付かぬうちに足元をすくわれている。

10

2050年の高齢者、現在30歳の人の未来は

 米国の出生率は低迷し、65歳の米国人の平均寿命は85歳に近づいている。現在30歳の人が60代になる頃、その生活ぶりは現在と全く違っている公算が大きい。

WSJ日本版 ライフ

米サッカー協会、イラン国旗改変してSNS投稿

 米サッカー協会がデザインを改変したイラン国旗をソーシャルメディア(SNS)上に一時投稿した。

職場のゴマすり屋、しゃくに障るが役に立つ

 職場でゴマすり屋を見るのは実に腹立たしいが、自分の業績のアピール方法やボスとの関係構築の手本になる場合もある。

W杯サッカー米国代表、秘密兵器は米軍

 米国代表には組織的なアドバンテージが少なくとも一つある。ドーハを拠点とする数千人の熱狂的なファン、つまり米軍兵士の存在だ。

米コロナ感染拡大の回避、ホリデーシーズン試金石か

 コロナ下で3回目となる感謝祭を控えた米国では、感染状況が過去2回に比べ落ち着いている。ただ、ホリデーシーズンで人が集まる中、冬季の感染爆発を回避できるかどうかが問われそうだ。

カタールW杯 「虹色」着用ファンに嫌がらせ

 サッカーW杯が開かれているカタールで、LGBTの象徴である「レインボーカラー」のロゴなどを身に着けたサッカーファンが嫌がらせを受けるケースが発生している。

米中絶反対派、妊娠中絶薬の承認取り消しなど求め提訴

 米国の中絶反対派が経口妊娠中絶薬「ミフェプリストン」の承認取り消しなどを求め、FDAおよび米厚生省を連邦裁に提訴した。

寝ているだけ 年収5600万円のTikToker

 睡眠ストリーミングの視聴者数は増加し、「寝室ビジネス」はもうかるかもしれないが、詐欺行為も横行している。

静かな退職に反旗 マスク氏が望むモーレツ社員

 ツイッターを買収した起業家イーロン・マスク氏は、長時間の激務か退職かの選択を迫ることで、社員に求められる基準をリセットした。

ツイッターを離れるユーザー、どこへ行く?

 イーロン・マスク氏による買収以来、ツイッターで起きるあらゆる変化に打ちのめされたユーザーたちは、他のソーシャルネットワークに乗り換え始めている。

サッカーW杯観戦を覚えた米国民、今年は賭けも?

 米国民は、パブに集まりサッカーW杯の試合を観戦することを長年かけて徐々に覚えた。今年はどれだけ熱心にスポーツ賭博場に立ち寄るかが試されるだろう。

大麻、たばこよりも健康被害大きい可能性

 医学雑誌「ラジオロジー」に15日発表された研究論文で、マリフアナ(大麻)を吸う人は、非喫煙者やたばこだけを吸う人に比べ、肺気腫や気道の炎症などの症状の発生率が高いことが示された。

ノマド生活も楽じゃない「どこでも働ける」は夢?

 「デジタルノマド」は、その冒険がワクワクするものだと言う。だが一方で、放浪しながらキャリアを維持するのは楽なことばかりではないとも語る。

多忙な日常から逃れる方法

 生産性に執着する人は何もしないことの効用を見逃している。

月曜日の不調 「社会的時差ぼけ」かも

 米国の成人の約50%が、体内時計と社会的な時計との不一致で体調を崩しているという。

新型コロナとインフルとRSV、「トリプルデミック」到来か

 今秋は呼吸器系ウイルスが例年以上に猛威を振るい、感染状況は予測不可能なものとなりそうだ。米連邦保健当局が警鐘を鳴らしている。

転職で減収の米国人、インフレの痛み大きく

 コロナ下で転職した何百万人もの米国人の多くは、インフレの痛みを特に強く感じている。彼らは収入が減ることを自ら選んだのだ。

リモート勤務で怠ける社員、上司の不信感消えず

 リモート勤務の多くの労働者は上司から忘れられるのではないかと不安に思っている。ところが上司は上司でリモート勤務の部下への不信感が消えない。

力を手に入れたい? 「すみません」連発やめよ

 会話やメッセージで「すみません(ソーリー)」が多用されている。「すみません」はもはや後悔の念を心から表明する言葉ではなく、反射的な反応になった。

機内のリュックに注意 うっかり他人を殴るかも

 空の旅のマナーに関する「不名誉の殿堂」で特別展示に値する迷惑行為がある。それは大きなリュックサックを振り回すことだ。

建築家の楽園サウジ、世界一奇抜なデザインも実現

 砂漠の蜃気楼からインスピレーションを得た空港や、サンゴ礁状に建物を配置したイルカの形をした島。サウジは「デザイナーの理想の地だ」。

十勝毎日新聞電子版HOME