十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

ウォール・ストリート・ジャーナル

プーチン氏の新たな戦略兵器は食料

【寄稿】ウクライナの広大な農地、中国の手に

コメが救う世界の食糧危機、アジア諸国に恩恵

自動運転トラック、2~3年後には米国で実現か

複数枚画像

アマゾン商品検索、紛らわしい結果が増えた理由

複数枚画像

北朝鮮が恐れたコロナ危機、回避できた理由は?

米の「中絶権利」どこへ、女性を待ち受ける激震

複数枚画像

日本が迎えるインフレ「審判の時」

ロンドンの下水にポリオウイルス、当局が警戒

仮想通貨の崩壊、金融イノベーションが生んだ闇

収穫期に入ったウクライナ、倉庫不足が深刻

複数枚画像

世界の空港、人手不足で長蛇の列 遅延・欠航も多発

仮想通貨企業の破綻、投資家には「悪夢」の展開

中国コロナ追跡ツール、抗議運動阻止にも利用か

米プロレス団体WWEのマクマホンCEO、不倫相手の口止めで4億円支払いか

ユーチューブ、ショート動画が成長 利用者数でTikTokに匹敵

小さな勝利目指すバイデン氏、高まる党内の不満

FRBが崩壊させた「何でもバブル」

複数枚画像

【社説】驚くべき円安

米農村部で急増する凶悪犯罪、小さな町に衝撃

複数枚画像

異例の円安、いつまで続く

高級ブランドで仮想通貨の支払い受け入れ広がる

若い体操・スケート選手、子役並みの保護必要?

脱炭素向け資金、調達支援が急拡大

週休3日制の試験導入、英で開始 過去最大級

酒メーカーがメタバース進出 飲めないのになぜ

ロシア兵数百人が参戦拒否、軍文書で判明

【寄稿】中国で外科医が死刑執行人に

【社説】米計画停電の夏に備えを

制裁下ロシアでエアバッグ不足、便器・映画も

複数枚画像
もっと見る

勝毎電子版をご購読されている方は無料でウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)電子版を全て読むことができます!

登録方法はこちら

WSJ日本版 アクセスランキング

1

米供与の高機動ロケット砲、ウクライナ反撃支援

 米国が供与したハイテクロケット砲システムがウクライナ東部の前線に届き始めた。新兵器投入でロシア軍との激しい砲撃戦のパワーバランスに変化が生じている。

2

テスラ減速、原因は中国ロックダウンのみならず

 テスラのスムーズな加速が鈍化した。マスクCEOの言動からは、問題が上海のロックダウンよりも深いところにあることがうかがえる。

3

米マイクロン、半導体業界の冷え込みを示唆

 マイクロンが明らかにした減収予想は、多くの半導体メーカーやハイテク企業を待ち構える厳しい下半期を予感させる。

4

検証進むウクライナでの戦況、現代の戦術に変化

 西側諸国がウクライナを巡るロシアとの紛争が長引く可能性に備える中、軍指導部はこれまでの戦況から得た教訓を生かそうと分析を急いでいる。

5

半導体ブームに陰り、仮想通貨とPC販売で逆風

 インテルやエヌビディアをはじめとする半導体メーカーからは厳しい先行きを警戒する発言が相次いでいる。

6

米株の下半期、さらなる凶報に備えよ

 今年前半は予想外の出来事の連続だった。だがまだ凶報の半分も過ぎ去ってないかもしれない。

7

ウクライナの広大な農地、中国の手に

 中国は2020年まで10年間に世界で700万ヘクタール近い農地を購入。数年前にはウクライナで耕作可能な農地の10分の1近くを購入した。

8

金相場、今年はインフレ高進でも輝かず

 2022年上半期はインフレ高進と株価急落に見舞われたが、金相場への影響は限定的だった。投資家はこうした状況が改善するとはみていない。

9

中国警察から史上最大級の情報流出か、ハッカー関与

 中国警察のデータベースから不正流出したとみられる大量の個人情報が、闇サイトで売りに出されていることが分かった。

10

ウクライナ戦争は雑音に 露大都市で関心薄らぐ

 ウクライナでの戦争をよそに、ロシアの大都市にあるバーはあふれんばかりの客で賑わい、映画祭やジャズフェスティバルのチケットは完売している。

WSJ日本版 ライフ

夏の旅行に難題、愛犬の預け先が見つからない

 バケーションに出かける予定の家庭では、ある問題が生じている。飼い犬の預け先が見つからないのだ。

「成功は人を不幸にする」は本当か

 2000人以上が参加した50年にわたる研究はフロイトの理論を裏付けることになったのか。それとも覆すことになったのか。

割高なEVレンタカーが人気、米ガソリン高騰で

 米国ではレンタカーを借りる際、ガソリン高の影響で割高でもハイブリッドカーやEVを選ぶ人が増えている。

米メルクのコロナ治療薬、有効性低くても一部の国で頻繁に処方

 米製薬大手メルクが開発した新型コロナ治療薬モルヌピラビル(販売名「ラゲブリオ」)が、日本など一部の国で高い頻度で処方されている。

オフィス再開、LGBTのカミングアウト後押し

 コロナ禍でオフィス生活を中断している間に、仕事とプライベートの境界が曖昧になった人は多い。出社再開を機にカミングアウトする人もいる。

ゲーマーキッズに読書させる7つの攻略法

 夏休み中の子どもに本を読ませるためのアイデアをゲーム愛好家や読み書き専門家に聞いた。

不在通知メール、上手に書くコツ

 予約は完了し、荷物も詰めた。夏休みを心置きなく過ごすには、次に完璧な不在通知メールの作成と送付が重要だ。

車で7時間かけて出張する米国人 その訳は?

 今年の夏は航空便の混乱が目立っており、仕事で出張する米国人の中には予定を変更し、車で出かける人も現れている。

死後のアカウント管理、どうやって託す?

 あなたの死後、大切な人が全ての必要なアカウントにアクセスできるようにするにはどうすればいいか。

ネット通販でトラブル? カニ裁判長にお任せ

 中国の電子商取引企業の中には、ささいな紛争を解決するという不愉快だが非常に大事な仕事を外部委託しているところがある。

インフレの行方どうなる? 散髪代がヒントに

 経済学者によると、国外から輸入できない散髪の料金の上昇はインフレが国内経済に深く浸透しつつある証拠だ。

米雇用市場に異変、企業が内定ドタキャン

 米国のさまざまな業界の企業が、ほんの数カ月前に出した内定を取り消し始めている。

空室多いウォール街のオフィス、住宅転用の動き

 ニューヨークのデベロッパー2社が金融街のオフィスビルを取得し、集合住宅に転用する計画だ。こうした案件の中で今回のプロジェクトは最大級のもの。

インターネット上の匿名性を擁護する

 「匿名性を排除すれば、人の最も良い面が表れる」という見解はある重要な事実を見逃している。

景気後退でもクビにならないコツ

 米雇用市場はなお過熱気味の状況が続いているが、経済を巡る懸念が高まるにつれ、自分の仕事は大丈夫かと不安を覚える人が増えている。

限られた時間、本当に大切なことに使っているか

 筆者は思った。「私は自分の時間を正しく使っているだろうか」と。

さよならマイクロソフト「IE」 終了惜しむ声

 ブラウザーとしては動作が遅く、時代遅れだとの評判だったが、愛着を感じている人も多い。

WWEのマクマホンCEO、不倫相手の口止めで4億円支払いか

 米メディア・娯楽企業WWEの取締役会は、ビンス・マクマホンCEOが不倫関係にあったとされる女性社員の退職時に300万ドル(約4億0500万円)の和解金支払いで内密に合意していたとの疑惑について調査している。

空港のラウンジ、シェアオフィスにあらず

 米デルタ航空は空港のラウンジでノートパソコンを開いて何時間も滞在する旅行者に対し、「長居は禁止」という新たなメッセージを送っている。

MBA学生を「超」青田買い 入学前に就職決定も

 ビジネススクールに合格しただけで、まだ入学もしていないのにコンサルティング会社から採用のオファーが届く学生が出始めている。

十勝毎日新聞電子版HOME