十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

道議選・帯広〈定数3〉

3月29日告示 / 4月7日投開票

定数3に対して現職の三津丈夫氏、清水拓也氏と、新人の村田光成氏、佐々木とし子氏の4人が出馬表明している。

立候補予定者

※現職は期数順、新人は道議会の勢力順。政党・新旧の○数字は当選回数。敬称略
氏名 略歴
三津丈夫みつ・たけお73歳 立憲民主・現⑥ 1946年小樽市生まれ。帯広三条高卒。帯広市職員を経て75年から市議を4期務めた。91年に道議選帯広市区初当選。現在は6期目。2011~13年に道議会副議長。
清水拓也しみず・たくや44歳 自民・現① 1975年帯広市生まれ。帯広小、第三中、帯広緑陽高卒。2003年から市議会議員を3期務め、15年の道議選で初当選。自民党11区支部副支部長、党帯広支部長。
村田光成むらた・みつしげ51歳 自民・新 1967年帯広市生まれ。西小、第二中、帯広農業高、東洋大卒。92年に武部勤衆院議員の公設秘書を務め、2003年から帯広市議4期。自民党道11区支部政調会長。
佐々木とし子ささき・としこ64歳 共産・新 1954年音更町生まれ。下音更小、幕別中、池田高卒。金融機関勤務、党職員を経て、99年から帯広市議を4期務めた。2015年の道議選に出馬、17年衆院選は野党候補一本化で出馬辞退した。

道議選・帯広 関連記事

十勝毎日新聞電子版HOME