お客さんとのトークに 
共通の話題充実 CLOAK 代表取締役 加藤渉さん

電子版はどのように読んでいますか。

毎日とても見ています。以前は十勝のニュースをあまり気にとめていませんでした。というのは、僕の仕事は対企業ではなく、取引先も国内か国外なので、どこかローカルのニュースを重視しないところがありました。でもお店に来られるお客さんはいろいろなジャンルの方々なので、その方々との共通の話題の引き出しとして使っていけるなと今は感じています。 農家さんや公務員の方、看護師さん、自営業の方も多く、年代もさまざま。最近ああいうニュースがあったけどどうなの? みたいな世間話ができる。どのジャンルの方にも対応できるトークスキルとして広く知識を得られている。ローカルのニュースが充実しているので、それぞれのプロの方とお話をする取っかかりとしてすごくいいと思っています。 あと天気の情報はかなり重要です。それで商品の入れ替えとか店頭の並びとかを決めますし、アウターの投入時期などもメーカーさんとやりとりして調整します。

どういう時間帯によく見ますか。

仕事が終わって家に帰ってから、午後10時から11時くらいが多いですね。1日の振り返りみたいな。会社のパソコンでは見ていないですね。見るのはスマホのアプリです。手軽なので、友だちと約束していて来るまでの10分程度とかにさらっと見たりもしますね。 今年8月、釧路にレディースメーンのお店を出しました。東京にも仕入れや展示会、商談などで年20回ほど行きます。出張先のホテルでもスマホで見られるのでありがたい。家族は十勝にいますし、分からないことが多い。最近ですと地震など災害も多いので、使えるなと思っています。

これからの電子版に期待するところは。

僕の店ではパーソナルにファンを付けるというのを徹底しています。人間を表に出していくSNSの使い方になっていますね。僕も従業員一人ひとりも独立した形で発信をして、そこにファンが付く。昔はお店が入り口だったけど、今はパーソナルが入り口の方がお客さんが付きやすい。入り口を転換してきたのがここ数年の動き方で、当面はその感じかなと思っています。 新聞も個人が発信できるチャンネルとか、そこからアイドルが生まれるようなコーナーがあると面白い。サブカルやアートなどは若い子がすごく見る。個人にスポットを当てられるような、そこのサイトに登録して、その人が発信していけるようなもので人とつながる。人にファンを付けるような動き方ができれば、まちづくりにも生きるかもしれないですね。