地域と人をつなぐ十勝の生活情報メディア

2021年9月号

特集/本日、寿司気分

おうちごはん塾(151)「ふわとろ親子丼」

「父の日」に“親子”で楽しむ
<材料>(2人分)

◆卵…3個
◆鶏もも肉…150g
◆かまぼこ……50g
◆タマネギ…1/2個
◆ミツバ…………4本
◆合わせ汁
 和風だし汁……………………………120ml
 酒、砂糖、みりん、薄口しょうゆ…各大さじ1
 しょうゆ……………………………大さじ1/2
◆きざみのり……適量

<作り方>
(1)鶏肉は皮、脂を取り除いて筋切りし、約1.5cmのそぎ切りにする。タマネギは縦に2等分して4mmの厚さに切り、ほぐしておく。かまぼこもタマネギと同じくらいの大きさに切る。ミツバは3cmの長さに切る。
(2)20cmの小鍋またはフライパンに合わせ汁を入れる。煮立ったらタマネギ、鶏肉、かまぼこを全体に広げ入れ、肉を返しながら4分ほど煮る。
(3)煮ている間に卵を用意する。ボウルに割り入れ、はしで縦や横に切りながらざっくりと軽く混ぜておく。
(4)(3)の溶き卵を2回に分けて(2)に入れる。まず2/3の量を内側から外側に回し入れ、卵をはしで広げながら、残りの1/3を回し入れる。ミツバの茎を入れて、卵が半熟になったらふたをして火を止め、40秒蒸らす。
(5)器にご飯を盛り、(4)の具を半量(1人分)載せる。ミツバの葉を飾り、きざみのりを散らす。

<もう一品!>
季節野菜を作り置きでおいしく
「ごま和え」の和え衣

 和え衣大さじ1.5で、2人分のごま和えができます。硬さはだし汁を足して調整を。ゆでた野菜が温かいうちに和えると混ぜやすいです。

<作り方>(約200ml分)
(1)みりん大さじ3を火にかけて、アルコールを飛ばす。
(2)ボールに練りごま50g、すりごま50g、しょうゆ大さじ2を入れ、とろりとするまで混ぜる。
(3)保存容器を熱湯消毒し、(2)を入れて保存する。※冷蔵庫で10日間ほど保存可

和え衣(写真左)と、材料の練りごま、すりごま、みりん、しょうゆ


<今回の先生>
料理教室講師 及川孝子さん

 「かまぼこを入れると風味が増して、フワッと仕上がります」


おうちごはん塾
家庭でも簡単に作れるメニューを3人の先生が紹介する、Chaiの連載です。

※フリーマガジン「Chai」2021年6月号より。
※写真/辰巳 勲。写真の無断転用は禁じます。