地域と人をつなぐ十勝の生活情報メディア

2021年9月号

特集/本日、寿司気分

安心・とかちの暮らし(148)「いきなり料金請求の表示。ワンクリック請求に注意!」

 ワンクリック請求とは、アダルトサイトなどの無料動画を見ようと再生した利用者に対し、サイト運営者が利用者の意思に反して会員登録を行い、料金を請求する手口です。注意点などについて、帯広消費者協会の協力でまとめました。(Chai編集部)

◇事例
 スマホでアダルトサイトを見ていたら、無料動画があったので再生しました。すると有料会員登録になり、15万円の請求画面が表示。会員になるつもりはなかったので「退会の手続き」に書かれていた番号に電話をし、有料とは思っていなかったことを伝えると、解約料6万円を電子マネーで支払えば解約できると言われました。支払わなくてはいけませんか?

◇回答
 アダルトサイトを契約した覚えがないにもかかわらず、請求画面や登録完了画面が表示された場合、あわてて料金を支払ったり、事業者に連絡したりしてはいけません。電話をかけたりメールを送ると、電話番号やメールアドレスなどの個人情報が事業者に伝わってしまうので、絶対にやめましょう。いったんお金を支払ってしまうと、取り戻すことは困難です。慌てて支払わないようにしましょう。

 また、ネットで検索して「トラブル解決」などをうたう窓口に相談すると、調査費用を請求された上に解決できないという二次被害に遭う場合があり、注意が必要です。

 疑問や困ったことがあれば、お近くの消費生活相談窓口に相談してください。

【相談窓口】
帯広市消費生活アドバイスセンター(とかちプラザ1F Tel:0155・22・8393)、またはお住まいの各町村消費者相談窓口か道立消費生活センター相談窓口(Tel:050・7505・0999)へ。なお、帯広消費者協会では、会員を募集しています。通常立ち入れないような施設を見学できたり、各種広報物の提供を受けられるなどの特典があります。年会費:1口2,000円 問:帯広消費者協会Tel:0155・22・7161

安心・とかちの暮らし
暮らしの困りごとについて、帯広消費者協会の協力で事例を紹介する連載です。

※フリーマガジン「Chai」2021年6月号より。