地域と人をつなぐ十勝の生活情報メディア

2021年10月号

特集/やっぱりたまご

Chai法律相談(139)「遺言書を書きましたが、紛失しないか不安です」

【質問】
遺言書を書きましたが、紛失しないか不安です。

 私は妻をすでに亡くしていますが、子どもが3人います。自宅や預金など多少の財産があるので、子どもたちが相続でもめないように、自分で遺言書を書きました。ただこの先、私が病気になって入院したり、介護施設に入ったりしたときに、せっかく書いた遺言書を紛失してしまい、見つけてもらえないのではないかと不安です。何かよい方法はないでしょうか。

【回答】
自ら作る遺言書を法務局で保管してくれる制度ができました。

 遺言をする人が自ら遺言書を作成する遺言を「自筆証書遺言」といいます。この自筆証書遺言は、いつでも作成でき、費用もかからないなどのメリットがありますが、一方、適切に保管していないと誤って紛失したり、あるいは誰かに改ざんされる恐れがあるなどのデメリットもあります。

 そこで、このたび「法務局における遺言書の保管等に関する法律」が制定され、今年の7月10日から施行されることになりました。これにより、法務局に申請して、自ら作成した遺言書を法務局に保管してもらえるようになり、遺言書の紛失や改ざんを防止することができるようになりました。なお、法務局に保管してもらうかどうかは遺言者の自由です。この制度が始まる前に作成した遺言書でも、所定の様式に合うものであれば保管してもらえます。保管の申請をする際は3900円の手数料がかかりますが、相続人が遺言書の内容を家庭裁判所で確認する検認の手続きが不要になるなどのメリットもありますので、ご検討下さい。

今回の回答にご協力いただいたのは
[村山敬樹 弁護士]

事務所/むらやま法律事務所(帯広市西2条南6丁目20-7 フレンド2・6 2F)
Tel:0155・67・7821


<法的トラブルで困ったら>
※質問・回答はChai編集部の責任でまとめています。
◆[釧路弁護士会・法律相談センター]
毎週木曜13時30分~16時30分、釧路弁護士会帯広会館(帯広市東8南9)、料:1件30分以内5,000円、完全予約制(Tel:0154・41・3444、9時~17時)
◆[「法テラス」連絡先]Tel:0570・078374(通話料全国一律3分8.5円、平日9時~21時)
※一定条件で無料相談も。
◆[Chai法律相談・誌面回答]
Fax:0155・21・0102、〒080-8688 住所不要、「勝毎Chai法律相談所」あて。

Chai法律相談
十勝管内の弁護士が法的トラブルについて答えてくれるChaiの連載です。

※フリーマガジン「Chai」2020年7月号より。