勝毎電子版ジャーナル

勝毎電子版

うま味濃く軟らかな放牧黒豚 町予算増やして地元産

高田 英俊

十勝毎日新聞社 編集局整理部

自慢の給食~かくし味をさぐる 第13回
 主に十勝産の野菜を食べ、放牧で育った黒豚が、鹿追町の特産品の一つになった。町内の田舎バイキング形式のレストラン「大草原の小さな家」を経営する中野健治さん(72)が自家菜園の野菜だけでなく、肉も自ら作って提供しようと2008年から養豚を始めた。うま味が濃くて軟らかく、脂がさらっとした「十勝放牧黒豚」は、地元産の食材に力を入れる町の学校給食のメニュー...