地域と人をつなぐ十勝の生活情報メディア

2021年10月号

特集/やっぱりたまご

とかちde缶詰(3)「噂の缶詰バーに行ってみた 缶詰Bar Dreamer」

 ほんのりともる明かりに誘われて足を踏み入れたら、そこは缶詰バー!? 気になるお店の全容に迫る。

 帯広駅からほど近く、独自の存在感を放つ店「缶詰バー ドリーマー」。面白そうな雰囲気だけれど、缶詰バーっていったいどんな所…? 入店する勇気が出ないシャイな〝飲み助〞のために、Chai編集部がリポート!

 代表の三谷桂祐さんは、プロのダーツ選手としても活躍。「気軽にダーツをできる場所を作りたい」と約6年前、地元でバーを開くことを思い立った。しかし普通の店では満足できないのが、三谷さん。「道東初」を目指して行きついたのが、「ダーツバー+缶詰バー」というスタイルだった。

写真右から小野智恵美さん、代表の三谷桂祐さん、手塚淳哉さん

 店に並ぶ缶詰は100種類以上。おなじみのサバ缶や焼き鳥缶はもちろん、デザート用にフルーツも。時には昆虫入りの缶といった、超レアものまで登場するという。「今の缶詰はどれもクオリティーが高い。まずいものは無い、と断言できます」と、三谷さんは胸を張る。

 まずはパッケージのデザインをめで、多彩な味わいや〝缶詰あるあるネタ〞で盛り上がる。酒場と缶詰の相性は抜群なのだ。こよいは大人のテーマパークへいざ!

ボードゲームやファミコン、カラオケ(有料・1曲200円~)など、飲み会が盛り上がるアイテムもそろえる。飲み放題は120分2,500円~

2階にはダーツ台がそろい、ダーツに関する グッズも販売。ダーツ1プレイ1人100円、投げ放題1,000円

カウンターがある1階は、ゆっくりとくつろげる雰囲気。缶詰のほか、全国のインスタントラーメンもそろえる


<ドリーマーの人気缶詰ベスト5>
酒のアテに人気の缶詰がずらり! すべて温めてから提供するので、一層おいしく味わえます。

◆No. 1
缶つま 厚切りベーコンのブラックペッパー味 700円

深いうま味が広がるベーコンに、ブラックペッパーがアクセント


◆No.2
鯖 醤油煮 700円

上質な国産サバを使用。あらかじめほぐして提供してくれる


◆No.3
缶つまJAPAN いけだ牛ワイン煮 700円

十勝産素材を詰め込んだ上質な味。軟らかな牛肉がたまらない


◆No.4
缶つま コンビーフユッケ風 700円

卵黄のトッピングがうれしい。混ぜて食べると、滑らかな食感に


◆No.5
チキンとタイカレー 500円

ナンプラーの風味が広がるルーに、大きな鶏肉がごろり


◆番外編
18禁ラーメン 1,000円

チャレンジメニューの激辛ラーメン。20分以内で完食すれば無料になる。ひと口で口中がしびれるほどの激辛!


<缶詰Bar Dreamer>
帯広市西1条南12丁目2-1
Tel:0155・22・0088
営:19時~ LAST 
休:日曜


※フリーマガジン「Chai」2020年8月号より。
※撮影/辻博希。写真の無断転用は禁じます。