2022年12月号

特集/冬こそアイスクリーム!

夏パフェ、ひんやり(16)「オトコの締めパフェデビュー」

〈メロンと洋ナシの大人パフェ〉1,089円。洋ナシのソルベ、メロンの果肉ソースに白ワインのジュレとラム酒風味のムース、バニラアイスとダイスカットのメロンが混ざり合う

 冷たく甘いパフェが酔いをさまし、一日の終わりをより満足なものにする。そんな締めパフェはお酒の後の選択肢として定着しつつある。今回、3人の男性に初体験してもらいました。果たして、締めパフェは彼らの心に刺さるでしょうか…?

◆Bar Pond
忙しい毎日に甘いパフェがひと時の安らぎ

 慌ただしいChai編集室を束ねるのは真剣勝負。リラックスする時間がいい仕事につながる―。そんな彼がいただくのは束の間、リフレッシュしたい男性にピッタリな大人の締めパフェ。

 Bar Pondの〈メロンと洋ナシの大人パフェ〉は、メロンで出来た花が目を引く大人の夏にぴったりな清涼感ある一品。洋ナシのソルベの華やかな香りとキラキラと輝く白ワインのジュレにもうっとりしてしまう。

「自宅で飲んだ後に甘いものを食べることも。初めての締めパフェ、落ち着く時間を過ごせて気分転換になりました」


 あえて生クリームを使わずに仕上げた。同店のスイーツを考案する佐藤三葉さんは「ゆっくりと語らいながら召し上がれ。溶けかかった頃がおいしいパフェです」とほほ笑む。バーながらフードメニューも充実している同店で大人の時間を過ごして。


<Bar Pond>
帯広市西1条南9丁目14
Tel:0155・66・7557
営:19時~翌4時(LOフード1時間前、ドリンク30分前)
休:なし(12月31日、1月1日は休み)
※要席料770円



〈プリンのパルフェ〉1,000円。この日のフルーツにはイチゴとサクランボ、自家製アイスはバニラを組み合わせた。ビターなカラメルのプリンはもちろんお手製


◆Que sera,C‘est la vie!
俺だって、自分へのご褒美が欲しいな

 初めて任された仕事でクライアントに褒められた!新入社員の彼がいただくのは、喜びを込めた自分へのご褒美の締めパフェ。

 ケセラセラヴィの〈プリンのパルフェ〉は、硬めに仕上げた濃厚プリンが鎮座するインパクトあるパフェ。フルーツと自家製アイスクリームはその日の気まぐれ。カスタードクリーム、スポンジケーキなどに加え、この日はピスタチオクリームも入った。

「軽くお酒を飲んだ後の甘いパフェが、また明日も頑張ろうという気持ちにさせてくれました!」


 しっかりとした満足感で、お酒の締めはもちろん仕事の疲れを癒やすのに最適。店主の菊地奈実子さんは「男性もよく来店しているのでお気軽に」と呼びかける。早めの時間が狙い目。


<Que sera,C‘est la vie!(ケセラセラヴィ)>
帯広市西1条南10丁目7(北の屋台内)
Tel:080・4501・5801
営:17時~24時
休:火曜



〈マンゴーと抹茶の皿パフェ〉630円。山のように盛られた生クリームの中には抹茶アイス。マンゴーとオレンジ、あんに寒天、抹茶のわらび餅が彩りを添える


◆KOTETSU
オトコだって、甘いものは別腹だと思う!

 クリエイティブな仕事は頭を使う。おいしい食事とスイーツでエネルギーをチャージしたい、そんなグルメな彼がいただくのは和とトロピカルがマッチした締めパフェ。

 炭火焼き鳥の人気店、こてつの〈マンゴーと抹茶の皿パフェ〉は夏限定。フルーツと抹茶アイスのマッチングが楽しい一皿。たっぷりの生クリームだが意外と軽く、同店自慢の焼き鳥や〈もも炭炙り塩チキン南蛮〉900円を堪能した後にもぺろりと食べられる。

「食べることが大好きだけど、締めパフェは初。しっかりおなかが満たされて、いつもと満足感が違いますね」


 「シェアしやすいよう皿を使った盛り付けにしました」と語るのは同店パティシエの堀川理恵さん。昨年から始めたランチも好評だ。


<炭火焼鶏×デザート こてつ KOTETSU>
帯広市西18条南5-44-1
Tel:0155・67・6882
営:17時30分~24時
休:火曜、他
※スイーツのみの利用不可。ワンドリンク制

※フリーマガジン「Chai」2022年8月号より。
※撮影/辰巳 勲。写真の無断転用は禁じます。