2022年10月号

特集/パン愛で、パンパン

【シニア】「いぶし銀」最年長棋士が引退 桐山九段74歳、AIも活用―将棋

 将棋の現役最年長棋士だった桐山清澄九段(74)が、4月の竜王戦5組残留決定戦を最後に引退した。最終戦を終え「56年間現役を続けられたことは、ありがたい。幼稚園の頃に将棋を覚え、これまで一回も嫌になったことはありません」と語った。故大山康晴十五世名人ら名だたる棋士と戦った経験を持ち、将棋界に大きな影響を与えている人工知能(AI)も活用した。

 桐山九段の通算成績は996勝958敗。名人戦を含