地域と人をつなぐ十勝の生活情報メディア

2022年1月号

特集/きままなキミと、今年も

いいものfromトカチ(26)「いろどりファームの『トドマツ精油 2052』」

〈トドマツ精油 2052〉7ミリリットル2,970円。「2052」は、暁さんがその眺めにほれ込んでいる、日高山脈の主峰・ポロシリ岳の標高から

 道内に広く分布する針葉樹・トドマツ。その香りはどこか懐かしく、温もりまで想像してしまうのは、道民ならではの感覚なのでしょうか。

 トドマツ精油「2052」を製造するのは、芽室町・いろどりファームの飛田彩夏代表と夫の暁さん。2人が注目したのが、地元で不用になったトドマツの枝葉でした。素材を熱し蒸留すること約2時間。自然のエッセンスを凝縮したオイルが抽出されます。香りに包まれると心が落ち着き、まるで森林浴をしているようです。

 オイル作りを始めたきっかけの一つは、暁さんが合成香料によって体調を崩した経験から。「ナチュラルな香りの良さを広めたい」と、飛田夫婦は話します。2人がお勧めする活用法は、湯を張った洗面器にオイルを垂らし、立ち昇るスチームの香りを楽しむ蒸気浴。ほか、雑巾に数滴落として掃除をするといったアイデアも。たかが香り、されど香り―。清々しいアロマは、日常を心地よくリフレッシュしてくれます。

<飛田暁さん、彩夏さん>
暁さんは2014年、東京から地元の帯広にUターン。高校の同級生だった彩夏さんと結婚し、2年後に芽室町・上美生で農場を開業した。3haもの農地で農薬や化学肥料を使用せず、ハーブや果実を栽培。衣食住に自然の素材を取り入れながら暮らしている。


北海道ホテル、ナチュラル・ココ(帯広市)、トウテル(芽室町)などで販売。そのほか「2052」オンラインショップにて、送料無料で購入可

いいものfromトカチ
Made in 十勝の良質な雑貨を紹介するChaiの連載です。

※フリーマガジン「Chai」2021年11月号より。
※撮影/辰巳 勲。写真の無断転用は禁じます。