地域と人をつなぐ十勝の生活情報メディア

2021年10月号

特集/あっぱれ!十勝のあん

まちの食堂(12)「まんぷくになれる、おすすめ食堂(8)~食事処 ますや」

先代が帯広名物中華チラシをベースに考案したのが〈特製ますや丼〉900円。ナス、パプリカ、ハクサイなど10種類以上の野菜が入っており、野菜不足を気にする人にも人気だとか

半世紀以上にわたり愛される町中華
 初代店主の舛岡春一さんが1965(昭和40)年8月に創業して以来、50年以上にわたり多くのサラリーマンや家族連れに愛されている中華食堂。

店舗とともに長年にわたり愛されるメニュー


 春一さんが亡くなった現在は、娘の美代子さんと孫の弘恵さん切り盛りしており、メニューは〈特製ますや丼〉をはじめ、各種ラーメンや定食、豚丼などどれも人気。昼時には連日にぎわいを見せている。中でも〈あんかけ焼きそば〉と、〈名前が珍しい焼きラーメン〉(※ソース焼きそばのこと)は店自慢の一品であり、ぜひ一度味わってほしいメニュー。味の濃いめや薄めなど、好みに応じた調整も受け付けてもらえる。

<食事処 ますや>
帯広市東1条南11丁目20
Tel:0155・23・8746
営:11時30分~14時
17時30分~19時30分
休:不定


※フリーマガジン「Chai」2020年10月号より。
写真/長尾悦郎
※写真の無断転用は禁じます。