2024年3月号

特集/トカチで推し活!

引き立てる珈琲(7)「COFFEE×MUSIC~Tomo’s coffee」

COFFEE×MUSIC 音楽を引き立てる
 うまいコーヒーがある場所には、音楽がある―。音更町・トモズコーヒーには、古き良き時代の喫茶店を思わせる空気が流れていました。

Tomo’s coffee
 かつて、喫茶店のマスターは憧れの人だった。揺るがないスタイルを持ち、音楽やアートに詳しい。そして若者たちを温かく迎え入れ、おいしいコーヒーを淹れてくれる。

 トモズコーヒーの山田智章さんにも、学生時代から敬愛するマスターがいた。釧路市にあったジャズ喫茶ジス・イズの故小林東さんだ。「コーヒーも好きだけど、店を開いた一番の理由はマスターみたいになりたかったから」。約9年前に開いた自店にはジス・イズと同様に、いつも心地よいジャズが流れている。

 同店のコーヒー豆は、直火で表面の皮を取り除く特殊な方法で焙煎しているため、スッキリとした飲み口が特徴。「音楽を聞きながら飲むコーヒーの味は格別だよ」と山田さん。音楽とコーヒーの相乗効果は、愛すべきマスターの存在によって一層高まる。

コーヒーも音楽も趣味が高じてのめり込み、独学で知識を深めた山田さん。プロのジャズ奏者と親交も深い

アンティークの真空管式パワーアンプ・マッキントッシュ275。これを見るために遠方から訪れる客もいるほど

豆の販売がメインで〈トモズブレンド〉300g1,950円。カウンター席では〈コーヒー〉500円も用意

東京・香煎工房の焙煎機は直火で表面の皮を取り除くなど、小型ながら高性能


音更町南鈴蘭南5丁目1-15
Tel:0155・30・9063
営:10時30分~19時30分 
休:第2・4土曜、日曜
※基本的に豆の販売が中心で、席は数人の利用のみ


※フリーマガジン「Chai」2023年10月号より。
※撮影/辰巳勲。写真の無断転用は禁じます。