地域と人をつなぐ十勝の生活情報メディア

2021年10月号

特集/やっぱりたまご

十勝のビールに乾杯(10)「上士幌町 かみしほろエールビール」

地元産小麦から生まれた芳醇な香り
 「地元上士幌の農産物を使った新商品を」との声から開発された小麦とトウモロコシを使用したエールビール。昨年12月に発売以来、観光客を中心にお土産として人気を博しており、すでに3,000本以上売り上げているという。爽やかで飲みごたえがあり、芳醇(ほうじゅん)で香り豊か。ワイン感覚で飲めるので、女性からも支持されている。発注分だけ醸造所で瓶詰めし、低温で輸送するこだわりぶりだ。購入後も自宅まで冷蔵した状態で持ち運ぶと、よりおいしく飲むことができる。

「香りを楽しんでいただきたいので、大きめのワイングラスで飲むのがお勧めです」とスタッフの板橋正智さん。1本600円(330ml)

〈十勝ハーブ牛のコンビーフ〉1,188円、十勝・上士幌産大豆で作った〈KAMISHIHORO SOYCHIPS〉200円はビールのおつまみにピッタリだ

ビール以外にも町の特産品がそろっている


<Information>
道の駅かみしほろ 上士幌町上士幌東3線227-1
Tel:01564・7・7777
営:9時~18時(10月下旬から4月上旬は17時まで)
休:なし https://karch.jp/michinoeki/

※フリーマガジン「Chai」2021年7月号より。
※撮影/辰巳勲。写真の無断転用は禁じます。

十勝のビールに乾杯

 ビールのおいしい季節がやってきた。この夏は、十勝らしいビールをぜひお気に入りに加えてみよう。十勝では今、地域の特色を映したさまざまなビールが生まれている。ジャガイモやソバを使ったクラフトビールに、地元の畑で育てた小麦や大麦を原料にした生ビール。おいしさに加え、そこにはビールを通じてわが町を盛り上げたいという、地元愛が満ちている。今回はそんな造り手の思いと一緒に、ラインアップをご紹介。さぁ十勝晴れのもと、十勝のビールに乾杯しよう!

十勝のビールに乾杯(12)「十勝を飛び出て乾杯!とうきびに合わせた、トマムのクラフトビール」

十勝のビールに乾杯(11)「小さな農園から始まる大きな夢 十勝産ホップの可能性は無限大!」

十勝のビールに乾杯(10)「上士幌町 かみしほろエールビール」

十勝のビールに乾杯(9)「新得町 SOBACO(ソバコ)」

十勝のビールに乾杯(8)「足寄町、本別町、陸別町 ミツマチクラフト」

十勝のビールに乾杯(7)「豊頃町 GO OUT(ゴーアウト)」