十勝毎日新聞 電子版

Tokachi Mainichi News Web

【写真】白樺学園女子学校対抗を14年ぶり制覇、男子は準V インターハイスピードスケート最終日

【写真】白樺学園女子学校対抗を14年ぶり制覇、男子は準V インターハイスピードスケート最終日

女子学校対抗で14年ぶり13回目の優勝を飾った白樺学園の選手たち(21日・八戸市のYSアリーナ八戸。金野和彦撮影)

無断転載・複製を禁じます


この写真の記事のURL:
https://kachimai.jp/article/index.php?no=552500


関連写真

  • 【男子2000メートルリレー】白樺学園は三走・藤中秀斗(右)からアンカー軍司一冴へバトンが渡る。この直前、相手の三走の選手が転倒。藤中が間一髪で受難を逃れてバトンをつないだ

  • 【男子2000メートルリレー】白樺学園は三走・藤中秀斗(黒オレンジ色、右)からアンカー軍司一冴へバトンが渡る。この直前、同走の選手が転倒。藤中が間一髪で受難を逃れ、体制を崩しながらもバトンをつないだ(21日、八戸市のYSアリーナ。金野和彦撮影)

  • 男子2000メートルリレーで優勝、表彰式で金メダルを掲げる白樺学園チーム(左から辻本楓芽、中捨朝陽、藤中秀斗、軍司一冴)

  • 男子2000メートルリレーで3位に入賞した帯三条。(左から)阿部心哉、浪岡大裕、佐藤太陽、藤田耀司(21日、八戸市のYSアリーナ。金野和彦撮影)

  • 【男子団体追い抜き】2位に入った白樺学園。(左から)蟻戸丈生、林拓磨、齊下功聖(21日、八戸市のYSアリーナ。金野和彦撮影)

  • 【男子団体追い抜き】2位に入った白樺学園。(右から)林拓磨、齊下功聖、蟻戸丈生(21日、八戸市のYSアリーナ。金野和彦撮影)

  • 【男子団体追い抜き】2位に入った白樺学園。(左から)蟻戸丈生、林拓磨、齊下功聖(21日、八戸市のYSアリーナ。金野和彦撮影)

  • 【女子2000メートルリレー】十勝勢が表彰台を独占した。左から準優勝の帯南商(小野寺日菜、長田華奈、内海花梨、松田美咲)、優勝の白樺学園(前田梓、中西琴菜、奥秋智佳、久保杏奈)、3位の帯農(松島未来、笛木菜和、辻美咲、阿良美希)

  • 【女子2000メートルリレー】白樺学園は、三走・奥秋智佳(右)からアンカー久保杏奈へバトンが渡る(21日、八戸市のYSアリーナ。金野和彦撮影)

  • 【女子2000メートルリレー】優勝を飾った白樺学園チーム(右から前田梓、奥秋智佳、中西琴菜主将、久保杏奈)がレース後、スタンドの仲間に手を振る

  • 【女子団体追い抜き】3分14秒82のタイムで優勝し笑顔でVサインをする白樺学園(右から)前田梓、奥秋智佳、久保杏奈の3選手(21日、八戸市のYSアリーナ。金野和彦撮影)

  • 【女子団体追い抜き】3分14秒82のリンク新で優勝した白樺学園(右から前田梓、奥秋智佳、久保杏奈)

  • 【女子団体追い抜き】3分14秒82のタイムで優勝した白樺学園(右から)奥秋智佳、久保杏奈、前田梓(21日、八戸市のYSアリーナ。金野和彦撮影)

  • 【女子団体追い抜き】3分14秒82のタイムで優勝した白樺学園(右から)前田梓、奥秋智佳、久保杏奈(21日、八戸市のYSアリーナ。金野和彦撮影)

  • 【女子団体追い抜き】3分14秒82のタイムで優勝した白樺学園。左から久保杏奈、奥秋智佳、前田梓(21日、八戸市のYSアリーナ。金野和彦撮影)

更新情報

キャンピングトレーラーを隔離施設に 中札内のかつら旅館

紙面イメージ

紙面イメージ

5.21(土)の紙面

ダウンロード一括(54MB) WEBビューア新機能・操作性UP

日別記事一覧

前の月 2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

十勝の市町村

Facebookページ

記事アクセスランキング

  • 昨日
  • 週間
  • 月間

十勝毎日新聞電子版HOME