2023年6月号

特集/どうぶつと過ごす休日

【健康】認知行動療法が有効 米国 外傷性脳損傷による頭痛に

 軽度外傷性脳損傷による頭痛や心的外傷後ストレス障害(PTSD)の症状に対し、認知行動療法の有効性が示されたと、米国の研究者らが発表した。

 軽度外傷性脳損傷とは、頭をぶつける、揺さぶられるなど強い衝撃により生じる脳の損傷を指す。頭痛やPTSDを伴い、生活に深刻な支障を来す場合もある。

 研究者らは、頭痛軽減を目的とする認知行動療法を開発。軽度外傷性脳損傷による頭痛とPTSD症状を有す