2023年2月号

特集/寒さ本番、おうち充実

【健康】特定健診の無償化、受診格差を助長か

 生活習慣病の予防策として行われる特定健康診査(特定健診)を無償化すると、受診を促す効果がある一方で、世代や所得による受診格差を広げる可能性があると、東京都健康長寿医療センターの研究グループが発表した。

 40~74歳を対象に地域や職域で行う特定健診は、特に市区町村の国民健康保険受給者の受診率の低さが課題となっている。研究グループは、2018年度に特定健診を無償化した横浜市のデータを分析し、