2023年2月号

特集/寒さ本番、おうち充実

【健康】痛み伴うペースが有効か 末梢動脈疾患患者の歩行療法―米国

 末梢(まっしょう)動脈が狭くなる「末梢動脈疾患(PAD)」の患者に対する歩行運動療法は、脚に痛みが出ないペースよりも、痛みが出るペースで行った方が歩行速度や脚の機能改善に有効だったと、米国の研究グループが発表した。

 PADは動脈硬化が原因で脚の血流が悪化する病気で、歩行時にしびれや痛みなどが表れるが、休息すると楽になる。研究グループは、PAD患者264人(平均年齢69歳)を対象に、自宅で