2022年12月号

特集/冬こそアイスクリーム!

【健康】認知症薬、パーキンソン病への効果検証

 認知症治療薬のドネペジルが、パーキンソン病(PD)患者の認知機能や便秘、めまい、疲労感といった非運動症状を改善する可能性が示されたと、東北大などの研究グループが発表した。

 PD患者では、脳の神経伝達物質ドーパミンが減り、動作緩慢や手足の震えなどの運動症状が徐々に悪化する他、嗅覚障害や認知機能障害などの非運動症状も表れる。

 研究グループは、認知症リスクが高いとされる重度嗅覚障害を伴