地域と人をつなぐ十勝の生活情報メディア

2021年10月号

特集/やっぱりたまご

安心・とかちの暮らし(144)「格安をうたう家具や家電品などの模倣サイトにご注意!」

 有名メーカーなどのWebサイトによく似た作りで、正規サイトの価格よりかなり安く商品を販売する「模倣サイト」によるトラブルが増えています。同様のトラブルは以前から衣服やスニーカー関連に見られたのですが、最近では家具や家電などが多い傾向です。帯広消費者協会の協力で、注意すべきポイントを紹介します。(Chai編集部)

◇事例
 ネット広告に表示されていた有名な家電メーカーのサイトで掃除機を注文したが、その後、商品到着予定日を2日過ぎても届かなかった。サイトのフォームから問い合わせをしても返信が来ず、配送状況も確認できない。そこでサイトの会社概要に記載されている番号に電話したところ、「それは模倣サイトだ」と言われた。どうやら正規のサイトをコピーした模倣サイトだったようだ。

「模倣サイト」トラブルに合わないために…
★チェックポイント1

・販売価格が大幅に割引されている(あまりにも安い場合は購入を控える)・URLの表記がおかしい(正規サイトのURL表記と少しだけ異なる、同URLの前後に別の文字が追加されているなど)
・事業者の住所の記載がない。または住所が田や畑、個人宅になっている・事業者への連絡方法が、問い合わせフォームやフリーメールだけ
・決済がスムーズにいかず、何度も入力させられる・利用規約などにおかしな記載・不当な記載がある
・リンクが機能しない

★チェックポイント2
・サーバ情報を調べられるサイトを利用し、当該サイト・サーバの情報に不審な点がないか確認する

★チェックポイント3
・インターネット上の、当該サイトに関するトラブル情報を確認する

★チェックポイント4
・購入前に運営事業者へ問い合わせ、返信内容などを確認する(返信がない、日本語がおかしいなど)

【相談窓口】
帯広市消費生活アドバイスセンター(とかちプラザ1F Tel:0155・22・8393)、またはお住まいの各町村消費者相談窓口か道立消費生活センター相談窓口(Tel:050・7505・0999)へ。なお、帯広消費者協会では、会員を募集しています。通常立ち入れないような施設を見学できたり、各種広報物の提供を受けられるなどの特典があります。年会費:1口2,000円 問:帯広消費者協会Tel:0155・22・7161

安心・とかちの暮らし
暮らしの困りごとについて、帯広消費者協会の協力で事例を紹介する連載です。

※フリーマガジン「Chai」2021年2月号より。