2024年4月号

特集/ときめきのプリン&愛しのシュークリーム

【健康】気温が低いほど、浴室内で突然死のリスク大

 高齢者にとって寒い日の入浴は注意が必要だ。

 日本で入浴死の発生頻度は世界と比べても高く、年間約1万9000人に上ると推測する報告もある。鹿児島大学大学院の林敬人教授(法医学)は、気温が低いほど浴室内突然死(入浴死)の発生頻度が高まることを確認した。

▽脳や心臓の虚血、不整脈で
 入浴死が起こるのはどのような場合だろうか。「冬季の居間、脱衣所、浴室